SHOP NEWS

2018/12/07

12/8~ 公開作品

 


『バグダッド・スキャンダル』

国連史上最悪の政治スキャンダルとなった“石油・食料交換プログラム”。賄賂や不正が発覚し2003年に終了、18億ドル以上の汚職が判明した。巨悪すぎて倒せない腐敗をニューヨークとバグダッドを舞台に描いた骨太社会派サスペンス。

 

 

 

『共犯者たち』

李明博と朴槿恵政権によって2008年からはじまった言論弾圧の実態を告発し、公営放送局MBCを不当に解雇されたチェ・スンホ監督たちが、報道の自由のために闘い続けた9年間の記録。ヒット作が相次ぐ韓国から届いた、メディアの存在意義を見せつけられる話題のドキュメンタリー。

 

 

 

『スパイネーション/自白』

『共犯者たち』の監督チェ・スンホが立ち上げた“ニュース打破”の取材班とともに<北朝鮮スパイねつ造>の真相を暴くドキュメンタリー。容疑者の人権を無視した処分が横行しているという実態を粘り強い取材で明らかにしていく。

 

 

 

 

『心魔師』

ある猟奇殺人事件が発生し、刑事は事件を追う。迷路のような床下や鉄格子のはめられた療養所で出会う美少女…。江戸川乱歩的な世界観は、不気味で美しく、ぎゃっ!と驚くような怖さはないが、終始、嫌な感じがつきまとうサイコホラームービー。 

舞台挨拶:12/8(土)19:45の回上映後/登壇者:生津徹さん、今野恭成監督

 

 

 

『フェリーニに恋して』

母親に溺愛されて育ち、少女から抜けきれない二十歳の主人公がイタリア映画の巨匠フェデリコ・フェリーニの作品に出会い、世界にやっと踏み込んでいくという少女の成長おとぎ話。少女から大人へと成長していく彼女はなんと美しいこと!甘美な世界に酔いしれる。

 

 

 

『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』

先週に続き、『いつだってやめられる』シリーズ第二弾!服役中の天才教授が警察と協力し、新型ドラッグを取り締まるために奔走する。一作目よりもドタバタ感が増し、愛すべきバカなインテリたちに笑いがとまらない!!

※イオンモールKYOTO内の映画館「T・JOY京都」にて、12/8からシリーズ最終章『いつだってやめられる闘う名誉教授たち』の上映がスタートします。

 

 

 

 

 

『顔たち、ところどころ』

歳の差54歳!映画監督アニエス・ヴァルダとアーティストJRのロードムービースタイルのドキュメンタリー。ふたりの友情は美しく、大切な人や場所に直接会いにいくことの楽しさ、素晴らしさ、寂しさなんかが全部ギュッとつまっている。

 

 

 

 

『モリのいる場所』

ご好評により4週間アンコール上映!画家熊谷守一と妻の秀子の円熟夫婦を名優・山﨑努と樹木希林が演じて話題に。人だけでなく、そこに住む動物や虫たちもそれぞれにリズムを奏で、庭がしっかりと包み込む。穏やかで騒々しい画家の一日。

 

 

 

 

 

 

 

[華麗なるフランス映画特集]『昼顔』

2014年フジテレビがドラマ化し話題となった『昼顔』の基になった作品。主演にカトリーヌ・ドヌーヴが迎えられ、娼婦と貞淑な妻という両極端な役を演じた。ルイス・ブニュエル監督の不条理な精神世界と現実を描く巧みな手際に思わず唸ってしまう。

 

 

 

今週もたくさんのご来場、お待ちしています。

  • HOME
  • COCON KARASUMAについて
  • 店舗・施設案内
  • オフィスフロア
  • 館内のご案内
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • イベント&インフォメーション
  • ショップニュース

営業時間 11:00~0:00

※店舗によって異なります

  • COCON KARASUMA シネマプラス 京都シネマで映画を見る「前」と「後」で受けられるおトクなサービス実施中!
  • COCON KARASUMA は京都サンガF.C.を応援しています。

唐長文様「天平大雲」